自分がクレジットカードのエポスカードを選んだ理由

クレジットカードのポイントシステム

デジポット型などの一部のクレジットカードを除き、ほとんどのクレジットカードでは利用した金額に応じてポイントが還元されます。貯まるポイントの還元率などについては、各カード会社によって異なり、それぞれ定められたルールがあります。

クレジットカードを利用するうえでの最大のメリットは、このポイントシステムにあると言っても過言ではありません。

このページでは、クレジットカードのポイントシステムについてまとめています。

◆ポイントシステムの仕組み
クレジットカードのポイントは、他のショッピングカードなどと同じように、各カードごとに定められた還元率で、利用した金額に応じて貯めることができます。

一般的なスタンダードタイプのクレジットカードの還元率の平均は0.1~1%ほどです。

さらに提携カードに多いのですが、その発行会社が指定するサービスでカード決済すると、還元率がアップするサービスも存在します。その還元率は高いもので10%を超えるものもあります。

また、還元率はよりグレードの高いクレジットカードのほうが高めに設定されている場合が多くあります。

◆クレジットカードの強み
特にスタンダードのクレジットカードの還元率は、他のキャッシュレス決済とさほど変わらない場合もありますが、クレジットカードは、他のキャッシュレス決済では支払うことができない、公共料金や、定期払いや税金の支払い、家賃などの支払いに対応できます。
これらの支払いは比較的に高額である場合が多く、よりポイントを貯める機会を与えてくれます。

◆ポイントには期限がある点に注意
クレジットカードで貯めたポイントは、ほとんどの場合、失効までの期限が設けられています。
一般的に取得したポイントごと2年程度と決まっており、期限が訪れると、2年前に取得し期限が切れた分だけ、ポイントが失われます。 カード払いをすれば全てのポイントの有効期限が更新されるわけではない点に注意してほしいところですが、ポイントを使う場合では、古い時期に取得した分から消費されるため、あまり貯めすぎず、定期的に利用することをおすすめしています。

また、ポイントの有効期限は明細に記載がある場合が多いため、定期的にチェックし、計画的に利用しましょう。

【自分に合ったクレジットカードの賢い選び方】
クレジットカードは他のキャッシュレス決済よりも断然お得。最適なクレジットカードを選び方とは?

クレジットカードマート

Page top