自分がクレジットカードのエポスカードを選んだ理由

誤解?クレジットカードが危険と言われるワケ

様々なキャッシュレス決済を比較しても、クレジットカードの特典は非常に魅力的なものです。
自分がクレジットカードを選択した理由もこれら特典が決定打になりました。

しかし情報メディアではクレジットカードは危険という情報を発信することも時にあり、それを聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

このページでは、なぜクレジットカードが危険と言われるのか、その理由についてまとめています。

◆クレジットカードは本当に危険なのか?
クレジットカードに縁がなかった方にとっては、情報メディアの発信情報が全てと思い、クレジットカードに対しあまり良いイメージを持っていない方もいるようですね。

そもそもクレジットカードが危険と言われる由縁は、カード所有者の使い方に問題があったために発生した事例であるに過ぎません。

クレジットカードは金融用語で信用取引と言われ、発行前に行う審査に通過した人だけに発行されます。
実際に買い物をした際には、カード会社が一時的に建て替えることになり、カード会社が指定する支払日にカード会社へ利用金額を支払います。

1つ目の要因ですが、遅延損害金に該当します。
もし万が一、その支払日に利用金額が支払えなかった場合、遅延損害金が発生します。
その利息は非常に高額であり、金銭的に支払うのが難しい状況であったのであれば、さらに状況を悪化させます。

2つ目に挙げられるのは、分割払いの手数料です。
クレジットカードの利点でもある分割払いは、購入した商品の代金を分割して支払うことができるクレジットカードならではの便利な機能ですが、利用には必ず手数料が発生します。
基本的に分割回数が増えるごとに多数料が多くなり、最終的に支払う金額は現金払いよりも増えてしまいますが、その場での負担は軽減できるというメリットは非常に大きく計画的に利用するのであれば何ら問題はない支払い方法です。
しかしリボ払いは注意したほうがよいでしょう。

リボ払いはカード会社への支払いは一定金額に定まり、規約に従った金額を返済し続けるというシステムです。
また、最低支払金額が設けられており、それを下回らなければ規則違反にはなりません。
しかしここに落とし穴があります。
返済額が少なければ、返済できる元金が少なくなり、その分だけ完済までの期間が長期化します。
長期化すればその分だけ支払うべき手数料が必然的に多くなります。
また、分割払いは基本的にその買い物で利用した金額のみが分割されますが、リボ払いの場合、リボ払いの利用金額として積み立てられます。
そのため、リボ払いの支払いがいっこうに完済できないとう事例や、完済までに3,4年かかってしまうなどの事例が発生してします。
そうなってしまうと支払うべき手数料が最終的に非常に高額になってしまいます。

◆手数料地獄を回避するためには
もうお気づきの方もいるかと思いますが、これらの事態を回避するためには、無理な利用をしない、の一言に尽きます。

遅延損害金の場合は、そもそもカード会社との取り決めを破ったカード所持者に責任があります。
返済に困ってしまうほどカード決済したことに起因しているため、計画的に利用することで十分に防ぐことができます。

分割払い、リボ払いの場合には、可能な限り少ない返済期間で支払うことを心がけましょう。
リボ払いについては、繰越返済ができるため、返済額の残金を好みのタイミングで一括返済することもできるため、手数料の負担を軽減することができます。

以上のように利用者側の使い方に全て起因している内容のため、クレジットカードが危険というのは誤解を生む表現ではないかと自分は思います。

では話しを戻しまして、次のページでは、クレジットカードの中でエポスカードを選んだワケについてまとめています。

【自分に合ったクレジットカードの賢い選び方】
クレジットカードは他のキャッシュレス決済よりも断然お得。最適なクレジットカードを選び方とは?

クレジットカードマート

Page top